電気自動車

日産SAKURA試乗!

電気自動車
スポンサーリンク

日産SAKURAを試乗してきました。
インプレッションをお届けしたいと思います。

試乗した日産SAKURAのグレードや装備など

今回試乗させて頂いたのは「X」グレードになり、MOPのナビやプロパイロット付きとなります。
また、内装はブラックでした。

基本的にはGに近い状態でしたが、Gは内装にカッパーの加飾があったり多少は違いがありますが、
運転機能に差はないです。

インテリアインプレッション

「X」グレードのため、「G」グレードと多少差はありますが、軽とは思えない質感の良さが目立ちました。
また、乗り込んで最初に目につくナビやメーター回りが先進性があるものでした。
これはNOTEやAURA、ARIYAと同じような作りとなっていて、日産が軽でも妥協していないことを感じることができるものでした。

ナビは温度表示や残りの航続距離や電池の%表示も1画面で全て表示
リーフと違い見やすい
乗り込むところから「ワクワク!」
ドアもファブリックが施されていて高級感があります。
後部座席も広い!
シートがしっかりしてる
さすがに後部ドアはハードプラ
インテリアパッケージを選べばファブリックになります。

軽なのに質感高いのは非常にポイントが高いです!

運転に関するインプレッション

運転に関しては、視界が見やすく、非常に運転しやすい印象でした。
また、アクセルレスポンスも非常によく軽自動車とは思えないぐらいスムーズで、高速での合流でもこれなら苦労せずにいけそうです。

エンジンターボ車でも確かにパワーはあるのですが、エンジンの唸りがうるさいのと「こんなに頑張ってる!」ていうのがすごいですが、EVならではの高トルクがそのあたり全く気にしないぐらい、「グイグイ」加速できるのはさすが!と思いました。

街乗りでは間違いなく、この車に勝てる軽自動車はいないんじゃないでしょうか。

感じたこと

とにかく完成度が高い!の一言に尽きました。

これは購入するにあたって、用途が決まってる人には間違いない1台になると思います。

よく航続距離がネックだとおっしゃる方がいらっしゃいますが、毎日何100kmも自動車に乗ってる方ぐらいなもので、自宅充電ができる方なら何の心配もないんじゃないでしょうか。
帰宅された後に充電さえすれば、1日100kmほどの充電ができればいいだけなので、実用には影響ないと思います。

スマホも1日電池もたない使い方は少ないと思いますが、みなさん帰宅されましたら充電されますよね?
それと同じ感覚と思って頂ければといいと思いますし、なにせ「ガソリンスタンド」で給油しなくていいというのはとても楽になると思います。

まとめ

お値段の問題がありますが、補助金を加味すれば、本当に買いの車だと思いました。

EVをこれから購入する方は自身のライフスタイルと相談にはなりますが、街乗りがメインで長距離はあまりという方はおすすめです。

できれば自宅充電ができる方がよいかと思います。
急速充電で運用できなくはないですが、SAKURAの場合、20kWしかないので急速充電してもそこまで電気が入らないので、少し損した感じもします。

30分間のわりには電気量が少ないですよね・・・

そう考えると自宅充電がメインの車じゃないかなと思います。

スポンサーリンク
シェアする
スカーレットをフォローする
ガジェットと電気自動車の備忘録
タイトルとURLをコピーしました